接骨院の幹部育成研修「GRAND SLAM」。2019年度上期の集大成として東京、大阪、福岡の受講生およそ100名が大阪のホテルで一堂に会しました。

初日は夕方からのスタートです。まずは2日間の合宿で得たいものは何なのか、具体的に目標を掲げるワークが行われました。目標はより具体的にイメージできるものにすることがとても重要です。
その後は懇親会が催されました。参加エリアの異なる受講生が入り交じった席が指定されており、この日が初対面という方々も多くいらっしゃいました。最初は固い雰囲気のテーブルもありましたが、志を同じくする業界の仲間ということもあり、中盤以降はどのテーブルも会話が弾んでいました。他院のスタッフとの交流では、多くの気付きが得られたはずです。

目標設定のワークの様子。

懇親会の様子。同じ業界の仲間同士、会話も弾みます。

懇親会の後は一度部屋に戻って着替え、今度は大和座の時間です。大和座は、10人前後のグループが輪になって、それぞれが抱える問題を打ち明け、どのように解決していくのかを議論する場です。リラックスした状態で本音を引き出し問題解決に導く大和座は、自院でも活用できるコミュニケーション方法です。8つのグループそれぞれで、様々な課題があがっていましたが、特に教育、売上、新患の獲得についての悩みが多かったようです。
また、オーナー様だけの大和座も別の部屋で催され、経営に関する悩みなどを皆様で話し合われました。

大和座の様子。お酒やおつまみも用意され、参加者はリラックスした状態で話をします。

2日目は朝9時からスタートです。まずは前日の大和座から得られた気付きをそれぞれがまとめ、情報のシェアを行いました。各班でシェアされた内容を、今度は班の代表者が全体の前で発表しました。その場で内容をまとめ、大勢の人の前で話すことも、とても貴重な経験となります。

各班代表の発表の様子。

昼食後は、自身の将来について、そして業界の未来について考えていく講義が行われました。
将来の目標を考えるワークでは5年後、10年後になりたい自分の姿に近づくために自分自身が今やるべき行動は何かを参加者全員が真剣に考えました。

続いての講義はGRAND SLAMの技術講師を務めていただいている先生方によるパネルディスカッション。業界が置かれている状況や自院の取り組みなどをテーマにお話しいただきました。
最後はスタッフから幹部・経営陣にステップアップされた先生方によるパネルディスカッション。独立開業以外にも選択肢が広がった今の業界で、自身がどうあるべきかについてお話しいただきました。

講義「なりたい自分になる」の様子。

技術講師の皆様によるパネルディスカッション。

各社の「No.2」によるパネルディスカッションの様子。

半年間の講義とこの2日間の合宿を終えて、受講者の中から有志が感想を発表。予想以上に大勢が挙手され、その全員に前に出ていただきました。それぞれがGRAND SLAMから得たもの、これからどうしていきたいかといったポジティブなコメントをされており、今後間違いなく自社で活躍されるであろうと感じられました。

上期プログラムはこの合宿で終了ですが、次は下期プログラムが11月からスタートします。引き続き参加者を募集しておりますので、カリキュラムや日程など、お気軽にお問い合わせください。

全国対応:運営・経営サポートのご相談はこちら

大阪06-6232-1910

東京03-3519-7813

受付時間:
平日10:00~18:00

お問い合わせ
資料請求
メルマガ登録
LINE@友だち登録