整骨院の幹部育成を掲げ運営や経営のスキルアップを行うセミナー、2018年 GRAND SLAM は東京・名古屋・大阪・福岡の4会場で同時開催しており合計164名が一堂に会しました。
今回は東京会場初日の様子をお届けいたします。

2018年初回ということもあり緊張感に包まれる会場

2018年初回ということもあり緊張感に包まれる会場

半年に及ぶプログラムの初回ということもあり緊張の面持ちの参加者の皆様。
まずはそれぞれ自己紹介、そして今後一緒に学んでいくグループごとに意気込みや目標を話し合いました。
プログラムを通じてどんなことを学びたいのか、どんな成果を目指しているのかを共有することにより参加者同士で意欲を高めあっている様子がとても印象的でした。

まずは参加者同士で自己紹介、握手を交わします

まずは参加者同士で自己紹介、握手を交わします

グループごとに半年の研修中に成し遂げたいことなどを熱く語りました

グループごとに半年の研修中に成し遂げたいことなどを熱く語りました

2018年のGRAND SLAMは前回より更にパワーアップ!
リグアによる運営経営知識の講義だけではなく、現場で活躍する先生方が実際に技術を指導する実技研修も追加されました。
今回はマーサメディカル松永先生、高野先生、関口先生に自費メニュー『猫背プログラム』をレクチャーいただきました。

猫背プログラムを導入した経緯などを松永先生に語っていただきました

猫背プログラムを導入した経緯などを松永先生に語っていただきました

プログラムを導入したことにより患者様に喜ばれただけでなくスタッフも士気が高まり活気づいたと語る松永先生

プログラムを導入したことにより患者様に喜ばれただけでなくスタッフも士気が高まり活気づいたと語る松永先生

具体的な運用方法などについて出た質問に対して返答する高野先生

具体的な運用方法などについて出た質問に対して返答する高野先生

販売方法やトーク内容までしっかりと作りこむことにより新人スタッフでも売り上げを作ることができ、更に実際に患者様と関わりをもたせることで成長にも繋がるという猫背プログラム。
どのように運用しているのか、成功までのプロセスや実践方法まで教えていただきました。

新人スタッフに対しての指導方法を語る関口先生

グループに分かれて実践します

手技のレクチャー

手技のレクチャー

学んだ内容を今後どのようにメニュー開発に取り入れるか具体的な質問まであがっていました

学んだ内容を今後どのようにメニュー開発に取り入れるか具体的な質問まであがっていました

リグアからは今回インプットした自費メニューの開発プロセスやそれを浸透させたノウハウを、今後どのように各院でアウトプットしていけばよいのか具体的な動きについてお話しました。

導入してからの落とし込み、目標設定や進捗の管理が大切になってきます

導入してからの落とし込み、目標設定や進捗の管理が大切になってきます

参加者の皆様が様々なことを考えながら受講している真剣な眼差しはとても熱く、会場は熱気に溢れていました!
これから半年間かけて皆さんが成長していく姿をレポートしていきたいとおもいます。次回のGRAND SLAMレポートもお楽しみに!

関連するサービス

全国対応:運営・経営サポートのご相談はこちら

大阪06-6232-1910

東京03-3519-7813

受付時間:
平日10:00~18:00

お問い合わせ
資料請求
メルマガ登録
LINE@友だち登録